韓国メロコアシーンの立役者 “LEE YONG WON” (イ ヨンウォン)の
ソロアルバムがついに日本上陸!

2016.7.6 Release

VANCOUVER
(バンクーバー)
CRRA-003 / ¥2,200(税抜) / include 10 songs
CROSS RECORDS / OLD RECORDS JAPAN

  • 01. STILL BEHIND
    02. DEAR GRAY
    03. DKDJ
    04. LAST AND FOREVER
    05. I DON’T KNOW WHY
  • 06. ANYWAY
    07. CHEESE BURGER
    08. FOR THE FIRST TIME
    09. YOU
    10. I

LEE YONG WON 1st FULL ALBUM "VANCOUVER" RELEASE JAPAN TOUR 2016

  • 2016.11.21(月)心斎橋JUZA

    w/locofrank

    OPEN19:00 / START 19:30

    ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500

    INFO. JUZA 06-6212-2280

  • 2016.11.22(火)名古屋HUCK FINN

    w/locofrank, HAWAIIAN6

    OPEN19:00 / START 19:30

    ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500

    INFO. HUCK FINN 052-733-8347

  • 2016.11.24(木)新代田FEVER

    w/locofrank, HAWAIIAN6 , dustbox

    OPEN18:30 / START 19:00

    ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500

    INFO. FEVER 03-6304-7899

COMMENT

  • ヨンウォン、アルバム完成おめでとう! 曲も演奏も素晴らしいね。 このアルバムをきっかけに韓国のパンクロックシーンのゴッドファーザーになってくれ! 横山 健 [Ken Yokoyama・Hi-Standard]
  • 1曲目から猛烈にブッ飛ばし過ぎなぐらいのアルバム。 そして"これぐらいはカッコイイんだろうなぁ~"と思ってた所を軽く飛び越えて来た。 すっごく完成度の高い作品やわぁ。メロディもビートもアンサンブルもとにかくセンスとロック愛を感じます。 とても好きなんだろうなー。好きじゃなきゃこんな凄いアルバム完成せえへんもん。これはロックキッズも大人も必聴やで! TAKUMA [10-FEET Vo./Gt.]
  • タイトルからして決意表明みたいなアルバムですね。 毎回作品重ねる度にこの男の声質には日本人には無い、凄くフィジカルな、何かを感じます。 TAKE-SHIT [COCOBAT Ba.]
  • アニョハセヨ。 ヨンウォンのバンドGUMXやYELLOW MONSTERSとは日本や韓国で何度も対バンしてきました。彼のエネルギーの固まりみたいなLIVE、メロディーセンス、そして行動力、とても尊敬しています。 "VANCOUVER"発売おめでとう。カムサムニダ。 10年来のチングウ(親友)SEIKIより SEIKI [COCOBAT Gt.]
  • <
  • 初めて韓国でライブをしたのが2007年くらいだったと思うんですが、 その時の打ち上げでヨンウォンに初めて会いました。一緒に飲んで話していたのですが聞けばGUMXのメンバーで、 今は徴兵の関係でバンドはとまってるって話をしたのを凄く覚えてます。それから、ちょくちょく一緒に飲んだり、 YELLOW MONSTERともライブしたり、気づけば中々長い付き合いなんですよね~。 今回はソロ音源という事で一足先に聞かせてもらいました!ヨンウォンらしい高速メロディックチューンや、 甘いヴォイスで聞かせる曲もあり、気持ちいい作品です!!ヨンウォン、またライブやろう~!! U-TAN [GOOD4NOTHING Vo./Gt.]
  • VANCOUVERを聴いて懐かしい気持ちになりました。 リーくんの歌声を聴いてとても懐かしい気持ちになりました。

    これは直接的に今回の作品の感想には繋がらないかもしれませんが 音楽を通して、記憶を操られた感覚です。

    言葉も、歌声も、メロディーも目では直接見えないけど 昔の思い出を簡単に引っ張り出してくる。

    2008年、新宿LOFTのバーステージ。 そこでサウンドチェックをしている時 僕ができたばかりの新曲を歌ってると リーくんが満面の笑みで グッドサインを出しながら近づいてきて 「グッドメロディー」と言ってくれた事 とても鮮明に覚えています。

    あわよくばまた、ライブハウスでの思い出を一緒につくれたらなぁと、心底思っています。 VANCOUVER発売、おめでとうございます! TOKU [LABRET Vo./Ba.]
  • LEE YONGWON、隣国の友人。 これまで彼と過ごした仲間たちへの渾身の10曲。 構築と解体を繰り返しながら新たなステージへ。 西片 明人 [SPC peakperformance]
  • 会って15年経ちますが、ぶれないスタンス、メロディーセンスの良さ、彼の行動力。全てにリスペクト! 高崎 亮 [SMASH・GUMX初来日招聘]
  • ロックのもつエネルギーと勢い。それにセンス。 このバランスをもつロック・シンガーはなかなかいない。勢いだけでは、 人に伝えることは難しい。そこにセンスが加わってこそ、相手の心を動かせる。 Lee Yong Wonのパンク・ロックには、いつもセンスを感じる。 マルチな人だから、なんでも一人でやってのけてしまう。 時にはその重圧を肩いっぱいに背負ってしまう時もあるようだが、 持ち前の根性で、やりたいこと、表現したいことを貫き通して欲しい。 「Vancouver」は、そんなLee Yong Wonのこれからの未来を感じる1枚だ。 今泉 圭姫子 [DJ Snoopy]
  • リー・ヨンウォンの曲を初めて聴いたのは今から15年前。 GUMXという韓国のスリーピース・パンク・バンドのカセット・テープをもらった時。 「韓国のパンク・バンドってどんなんだろう?」と思いながらカセットを聴くと、そこにはパンクのカッコイイ部分や美しいメロディがたくさん詰まっていて、そのテープは切れるまで聴いた。 あれから15年。イエローモンスターズを経て試行錯誤を繰り返し、今もヨンウォンはまだパンクを歌ってギターをかき鳴らしている。 原点回帰? 違う。パンクが好きが大人になっただけ。そうだよね? パンクを歌いたい気持ちも、曲のカッコ良さも、あの時と全く変わらない渾身の一枚がコレ ! ! 畔柳ユキ [写真家/ラモーンズ・ファン・クラブ会長]
  • まずは、アルバム発売おめでとう! ヨンウォンとはかれこれ5年くらいの付き合いになるけど、出会った当時は正直韓国のパンクの文化に戸惑った。 それから音を重ね言葉を重ねていくうちに、心底音楽が好きな奴らっていうのを理解するのに時間はかからんかった。 GUMXの時代に、お国柄の徴兵制度の為にバンドを止めざる終えなくなり休止。 それでも韓国の音楽シーンを変えるべくYELLOW MONSTERSを組んだ頃に俺たちは出会った。 新しいバンドを組んで再スタートなんてよくある話かもしれないが、今もなおもがきながらも挑戦し続ける 韓国の熱いバンドマンに是非触れてもらいたい! We are family!!! 木下 正行 [locofrank Vo./Ba.]
  • YONG WONに初めて会ったのは、もう10何年前になるね。GUMXで対バンした時に、打ち上げで何故か俺らと一緒に飲んでて仲良くなったんだよね。 その頃からキャッチーなメロディー作るやつだと思ってたけど、今回ソロ名義になってより人懐っこい感じの曲になったんじゃないかな。 なんか聴いてるだけで懐かしくなっちゃう感じ。 YONG WONはdustbox大好きだから(笑)、会うといつも俺達の曲を褒めるけど、新しいYONG WONも良かったよ。 またステージ上で会えることを楽しみにしてるよ! SUGA [dustbox Vo./Gt.]
  • 韓流ドラマが日本と韓国を繋げたように、ヨンウォンバンドが日本と韓国の音楽シーンを繋げてくれることを楽しみにしてる。 あいつは昼も夜もスゲー奴だからな!w HATANO [HAWAIIAN6 Dr.]
  • とうとう始動した "LEE YONG WON" !! 1曲目に収録されているSTILL BEHINDからヨンウォン節が炸裂していて、思わず体がリズムを刻み始めた。 聴いていけばいくほど、どんどん色が変化し、強さ・優しさ・切なさ・暖かさ…色んな想いが込もっています♪ このフルアルバムはほんと贅沢なフルコースディナーみたいです♪笑 8曲目に収録されてるFOR THE FIRST TIME、この曲はとてもドラマティックで、この世界にグイッと引き込まれました。 幅広いヨンウォンの音楽性、そしてギタリスト・ヨンウォンの細かなギターの遊びが最初から最後まで詰まっています! この1枚、じっくり聴いてほしいです♪ 高橋 智恵 [FOUR GET ME A NOTS Vo./Gt.]
  • 僕の韓国の大切な友達(大先輩ですが…)GUMXのLEEさんのソロ音源、 日本盤発売おめでとうございます! YELLOW MONSTERSの活動を経てのLEEさんの原点回帰と言えるのではないでしょうか的メロコアサウンド、 相変わらずのナイスなグッドメロディの嵐!最高です!GUMXと一緒にツアーしてた頃を思い出させていただきました! 早く日本にライブしに来て欲しい!そしてコンペー(乾杯)という流れでお願いいたします! 山崎 聖之 [fam・the firewood project]

Movie

  • STILL BEHIND
    STILL BEHIND

PROFILE

  • LEE YONG WON

    まだ韓国にパンクロックが根付いていない1996年から、GUMX(ガムエックス)・YELLOW MONSTERS(イエローモンスターズ)のギターボーカルとして活動し、 過去にはFUJI ROCK FESTIVAL(RED MARQUEE)にも出演、数多くの来韓海外アーティスト公演をサボート、 またインディーズレーベル・ライブハウスも運営するなど、韓国のパンクロックシーンを作ってきた”イヨンウォン”。

    そんな彼のソロデビューアルバムがついに日本で発売される。その楽曲たちは、彼の原点であるスピーディーでグッドメロディが詰まった極上メロコアサウンドに仕上がった!

    CD発売後には来日ツアーも計画中。昨年、韓国公演もサポートした日本を代表するあのメロコアバンドたちが集結するとか!?要チェックです!!